サーマクール最前線TOP > たるみ・しわの原因

たるみ・しわとコラーゲン

皮膚は外側から、表皮・真皮・皮下(脂肪)組織の3層構造になっていますが、このうちたるみやしわの原因となる皮膚の老化に直接かかわる真皮層について解説します。
真皮層は、そのほとんどが膠原繊維、つまりコラーゲンというタンパク成分からできています。コラーゲンは、真皮の中を網目状にびっしり張りめぐっており、さらに弾力性にに富んだ弾性繊維(エラスチン)や、網目状の繊維の間を満たしているヒアルロン酸などのムコ多糖類と混在して、皮膚をしっかりと支えています。

皮膚の老化は、そのコラーゲンが壊れ減少することで発現しますが、 理由として以下のものが挙げられます。

  • 加齢による繊維芽細胞(コラーゲンをつくる元となる細胞)の衰退
  • 紫外線によるダメージ
  • 皮膚の乾燥
  • ストレスなどによる活性酸素の影響 など
皮膚の構造と老化のプロセス

10代〜20代前半では、紫外線などでたとえコラーゲンが壊れても、繊維芽細胞が次々と新しいコラーゲンを再生するので、肌に弾力があり、たるみやしわもほとんど起こりません。
しかし、 年齢を重ねるごとに繊維芽細胞が衰退すると、どうしてもコラーゲンが古くなり痩せて減少してしまいます。そうなると皮膚を支えきれなくなり、ハリや潤いを失って重力に負けてたるんでしまうのです。

では、その古く痩せて減少したコラーゲンに、サーマクールはどんな働きをもたらすのでしょう?続きは「サーマクールの原理」をご覧ください。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!