サーマクール最前線TOP > 光治療との比較

たるみ・しわと光治療

前頁「サーマクール人気の秘密」で、たるみ・しわへの5つの対処法の中に、サーマクールは該当しないと述べました。照射系の治療なので、3の「光線を照射する」に近いのですが、実は全く別なものとして分類されます。
というわけで、サーマクールに近い施術方法である3について考察してみます。

フォトフェイシャル(PhotoFacial)肌に光線を照射してたるみ・小じわ改善をする方法では、「フォトフェイシャル(PhotoFacial®)」などが代表的なものとして挙げられます。フォトフェイシャルの他にも色々な種類のIPLやレーザー機器を使用する施術があり、一般的にこれらを総じて「光治療」と呼ばれています。(レーザーも光の一種です。)

外科手術と異なりメスを使わないので、リスクも少なく短いダウンタイムで施術が可能ですが、残念ながらたるみ・しわに対するフェイスリフトの効果が10あるとしたら、これら光治療の効果は2〜3くらいでしかないのです。(個人差はございます。)

照射系では最も効果が高いサーマクール

2002年に米国で発表されたサーマクールは、その後日本国内のクリニックに続々導入され、数多くの症例を重ねてきましたが、たるみ・しわへの効果は光治療の2〜3に対し、5〜6といわれています。やはり外科手術であるフェイスリフトにはかないませんが、現在の美容医療において、メスを使わない数多くの照射系治療の中で、たるみ・小じわに関してはサーマクールが最も効果の期待できる施術だといえるでしょう。

治療名 フェイスリフト サーマクール 光治療
効果
安全性
費用

それではなぜ、サーマクールは光治療と比べ効果にこれだけ差が出るのでしょう?この続きは「サーマクールと光治療の決定的な違い」をご覧ください。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!